プリントtシャツ 色

Tシャツにプリントするインクの色

オリジナルデザインのTシャツを作る場合、Tシャツの色もそこにプリントする色も自分たちで選べるわけですが、どのような組み合わせだと印象強く見えたり、優しげに見えたりするか知っていますか?Tシャツの色によってインクの色がどのように見えるのか紹介しますのでTシャツの色とインクの色を考えるヒントにしてみてください。

カッティングプリントの色の出方

カッティングプリントの色

カッティングプリントという方法はインクを使いません。カッティングシートという専用のシートからプリントしたいデザインを切り出してプレス機で圧着してプリントする方法です。なので、最初に選んだ色がTシャツの色に関係なくそのまま影響します。Tシャツの上にシートをのせてあるという状態なのでイメージしていた色とちょっと違うということにはなりません。はっきりとした色のシートなのでTシャツとの組み合わせと相性をしっかり見ることが大切だと思います。

 

インクジェットプリントの色の出方

赤系のインクの色

左から、元のデータの色・白色のTシャツにプリントした時の色・黒色のTシャツにプリントした時の色です。インクジェットプリントはTシャツにインクを吹き付けて色を付けるので、白いTシャツの場合はTシャツに色が浸透した分ちょっとくすんだような印象を受けます。ちょっときつめの赤色も優しげな雰囲気になっていますね。反対に、黒いTシャツの場合は発色をよくするためにTシャツに白い下地をあらかじめ塗っているのではっきりとした印象になります。ですが、淡い色がより白っぽくなってしまう傾向があるようです。

他の色では?

黄色系のインクの色

では他の色ではどうでしょうか?黄色系のインクのプリントを例に出すと、白色Tシャツへのプリントが比較的元のデータに近いような感じがします。多色すんだ感じがしますが違い過ぎるという感じではありません。一方黒いTシャツにプリントした場合警告色のような感じではっきりと見えますね。濃い色はやや赤みが強く見えるような感じがします。