プリントtシャツ 位置とサイズ

プリント位置とサイズ

オリジナルのプリントTシャツを作る時にデザインを考えなければなりませんが、Tシャツのどの位置にどんな大きさでなのかを考えたことがありますか?せっかく考えて描くデザインなのだからあとからTシャツには入らない大きさなどで変更したりするのは嫌ですよね。Tシャツのプリント可能位置とサイズ感をしっかり知っていればそんな心配もいりません。

Tシャツのプリント可能位置

Tシャツにプリントできる位置は基本的に以下の通りです。E・D・Fを合わせた大きなデザインやG・Hを合わせた横長のデザイン、F・Hを合わせた縦長のデザインなどももちろん対応可能です。

Tシャツのプリント可能位置

プリントできる位置を知った上でどんなデザインをTシャツのどの部分に配置するかを考えてみましょう。1ヵ所だけでなく複数箇所にプリントもできます。

Tシャツにプリントできるサイズ

Tシャツのプリントサイズ

Tシャツのプリント料金表を見てみるとデザインの大きさで料金が変わってくることがわかります。例えば30cm×30cmのデザインをMサイズのTシャツにプリントすると絵のようなイメージです。Tシャツに対してかなり大きく感じるデザインの大きさです。このサイズのデザインは子供用のTシャツには大きすぎてプリントできません。子供用も一緒にプリントしたいなら25pくらいまで小さくする必要があります。100cm以下のサイズのTシャツがある場合はもっと小さく20cm以下のデザインにしなければなりません。反対にLサイズ以上のTシャツにはもっと大きなデザインが入るというわけですね。

 

背中に大きなデザインであれば40cmでも入りますし、胸元にワンポイントなら10cm×10cmくらいが適当ではないでしょうか。

このようにあらかじめTシャツのどの部分にどのくらいの大きさでプリントしたいかを考えると描くデザインの大きさなどがイメージしやすくなりますね。何度も修正しなくてもいいように最初から大きさや配置などがわかっているとスムーズにTシャツを作ることができます。