プリントtシャツ 特殊インク

特殊インクについて

オリジナルのプリントTシャツを作る時に使うインクは色々と種類がありますが、特殊なインクもいくつかあります。特殊インクが使えるプリント方法は基本的にシルクスクリーンプリントになります。カッティングプリントは専用のシートの色のみになりますし、インクジェットや転写もフルカラーが可能なのですが、機械が対応できるカラーのみになるので特殊なインクは使用できません。

特殊インクの種類

では、どのような特殊インクがあるのでしょうか。シルクスクリーンプリントではオプション料金が発生しますが使える特殊インクがいくつかあるので紹介します。

ラメ入りインク

ラメ入りのインク

キラキラと輝くラメが混ざっているインクになります。シルバーとゴールドの2色のラメがあります。ラメのつぶつぶが入っているインクなのでプリント後の表面はちょっとザラザラとした手触りになるようです。ラメが光るのでゴージャスな印象になります。

蛍光インク

蛍光カラーのインク

蛍光カラー、ネオンカラーのインクです。実際に光るわけではありませんが、鮮やかなカラーなのでかなり存在感のあるインクの色になります。5色あるので選べますし、ポイント使いしてデザインを際立たせることもできますね。

インクの上にのせるものも

箔シートの色見本

シルクスクリーンプリントのラメ入りのインクよりもキラキラと輝く感じが強く出るプリント方法があります。箔プリントという方法ですが、シルクスクリーンでのりのようなものをTシャツに先にプリントし、そこに箔シートというキラキラのシートをのせてプレスするとのりを付けた部分にだけ箔がつくというプリント方法です。シートを使うのでラメ入りインクのようなザラザラ感はなくつるつるとした光沢感が出ます。箔シートは全部で12色のカラー展開があるので色々なデザインに対応できそうです。